--------------------------------------------------------------------
 入院

--------------------------------------------------------------------
40歳の時に痔の切除手術をした。結婚後に痔になっていて、だんだんひどくなり、手術直前には和式便器に屈むと血液が糸を引くように出て、便器に音を立てて流れるようになっていた。当然真っ赤な血の海。

トイレに行くのが怖いほどで、やむなく手術を決断して上京区の小さいけれど評判の良い医院に入った。全身麻酔ですが、麻酔が覚めるにつれて激痛が始まる。その激痛に耐えられない人には麻薬が渡されるが、私は耐えた。

問題は、この手術で大量の副腎皮質ホルモンが投与されたのです。このころにはその副作用も認識される時代でしたが、患者にはなにも告げることなく使われたのです。まあ、これしかないのかもしれませんが。

痛みと闘いながら退院を迎え、一年後には快便ができるようになって喜んでいたのもつかの間、次の手術入院が待っていたのです。
--------------------------------------------------------------------

←前へ    私の履歴書 目次へ↑    次へ→