楽言楽夢へ戻る

広い天網



野菜ハウスの天井の網を張り終えました。対面との距離が6m。ハウスの長さが23m。バスケットコートよりも広い。

ブドウハウス側は建屋に釘付けしてあります。冬は反対側をハウスに寄せて縛り雪が乗らないようにします。この片側固定が一番難しかった。伸び縮みする網を伸ばさずに同じ寸法に止めていくのに目数を読んで印をつけるのが手間でした。

これでサルが通り抜ける場所はない。網を引きちぎれば入れますが昨年の半年では破られませんでした。もし引きちぎるようだと電気線を巡らすことになりますが、もう勘弁してください。

宮田医院

半月ほど前、宮田先生から電話がかかった。痛風の治療薬をやめてから宮田医院へは行く用事が無いので先生には一年以上会っていない。先生は八十五歳になったので宮田医院を閉じることにしたと言われる。突然のことでびっくりしたが年末で閉じたらしい。

山科に住んだ時からずっと診てもらってたから五十年近くになります。電話では気持ちが静まらないので、誰もいないから来ないようにと言われたが山科の医院へ足が向かっていた。

やっぱりドアに鍵がかかって誰も返答はありませんでした。帰って先生に手紙を書きました。会いたいから新しい家の住所と携帯の電話番号を教えてくださいと書いた。



直ぐに返事が来ました。私のことを随分と気にかけてくれてる様子が伝わってきます。新しい家は狭いから客人は入れないとあります。

話はどこででもできるので近いうちに電話して会おうと思っています。先生と話すと気持ちが和らぐし落ち着くのです。だから年に何回かは会いたい。病気じゃなくて会うのはとても良いことでしょ。

グーパーが帰ってきた

かみさんがツバメの巣作りを見つけて教えてくれた。



隣の二階の軒下なんだけど、我が家の和室に一番近い場所。その和室は三年前にグーパーが暮らして育った部屋で、自然界へこの部屋から旅立ちをした部屋です。巣から和室は丸見えです。

二羽が巣作りに励んでいますがオスのツバメが巣から出るときに「グーパー」って声をかけたら部屋の前でホバーリングをしました。これは間違いなくグーパーが帰ってきたのです。

長浜でも大津でも屋外に出るとツバメの姿を追いかける私。今年は極端に数が減って会う機会が少なくて嘆きに近い気持ちでした。

ところが和室の向かい側に巣作りを始めたものだから頻繁に出入りします。しかも私たちと暮らしたグーパーです。夢のような時間を過ごせることになりました。



元気で渡りを繰り返し、我が家を忘れずに帰ってきたグーパー。信じられないような奇跡が起きました。

浜大津の走行

燃費計をリセットして大津に向かった。メルセデスのサスペッションは抜群に良くなっています。エアサスなんですが細かい振動を吸収してくれます。

ディーゼルの音が少しだけ「サー」っという感じで聞こえますが、全く気にならない音です。ターボがついているので出足での瞬発も余裕ですね。湖岸は坂がないのでディーゼルの底力を出す機会がありませんでした。平坦道でのエンジンに不満はありません。



全体にゆったりとした気持ちに納めてくれる車ですね。70kmの走行の平均燃費が13.8km/L。軽油だし十分な燃費です。買って一週間ですが乗り続けたい車です。

経年車だからこれからの故障がどれくらい起こるか。消耗品はどの車でも同じだけど欧州車は部品が高いからね。

ワクチン一週間

6月1日に1回目のワクチン接種をして1週間が過ぎた。

最初は接種部の筋肉に重い痛みがあってそれ以外は変化がなかったが、三日経つと体全体が重くだるくて体を動かす軽さがなくなった。

一週目は少し熱っぽく感じるし体の疲れが早い。身体を動かしたくなくなる感じです。接種と無関係の腰痛が原因でもありますが、ワクチンは身体に強い影響を与えていると感じますね。

でも、この過程を踏んでコロナ抗体ができていくのだから、二回目までしっかりと効くよう祈る気持ちです。

サクランボのタルト



実が小さいのに中の種はしっかりしているから一個ずつ指で取り出す。果肉をミキサーにかけて小麦粉。バター、砂糖、ヨーグルトを加えて手で煉る。タルトの生地に乗せて焼きますが、濃い紫色がきれいなまま焼き上がりました。

濃厚な味は野生味があって少しの渋みも残っていますが軽い酸味です。言われなければソメイヨシノのサクランボとはわかりません。

来年も是非作りたいかと聞かれても「是非」とはなりませんが、庭の桜を見るだけでなく食べてしまって、我ながら食いしんぼだと笑います。

高い修理費

買ったディーゼル車のNOX排ガスセンサーが壊れやすいことは納車前に修理屋さんを探す時に見つけていた。彦根のメルセデスでテスターにかけてもらうと案の定NOXセンサーの不具合と出ました。

修理は一週間後でないと予約が満杯で出来ないそうで、見積だけ作ってもらって販売会社の了解を得ることにしました。



高いっ!。二個のセンサーが二十万で総額23万。なんぼ何でも高すぎる。これがメルセデスなんですよ。

販売会社に結果を電話した。修理代は販社が払いますと気持ちよく引き受けてくれた。もし保証期間の三か月を過ぎたところで発生していたら自己負担。考えますよ、本体を116万で買ってセンサーの修理に23万。純正部品以外を探すと思いますね。

国土交通省のリコール情報を見たのですがこのセンサー故障が沢山報告されているのが分かります。でもメルセデスはリコールにしていない。

トヨタの車には何台も乗りましたが、部品代が高いと思ったことはありません。それに頻発しているセンサー故障だったらトヨタはリコールにすると思いますね。

乗ってみて

変速レバーは見当たりません。ワイパースイッチのような位置にある小さなレバーで前進後進パーキングを選びます。

運転に必要なことだけ読んで湖岸を走ってみた。以前に乗っていたEとは随分変わりましたね。操作感が硬くない。ハンドルも交差点を出るときに手で戻す感じは薄らぎました。

サスペッションもトヨタほどではないけれど柔らかくなっています。ベンツ特有の硬い感じが全体に後退しました。

長距離を乗ってみるともっと良し悪しがはっきりしますが次に大津に帰るときまでお預け。

ところで早速の不具合が発生。エンジンマークの警告ランプが点灯しました。説明書ではメルセデスで点検してくださいとある。八王子の販売店にメールしたら保障範囲なので点検に持ち込んで下さいと言ってくれた。

中古車でも保障のついた車と無い車がありますが付いてて良かった。今日、彦根のメルセデスへ持ち込みます。

納車日



今日、長浜に納車です。雨の中の納車は八王子から二三日かけて輸送車に積んでやってきます。

前回のメルセデスはヤナセで新車を買って11年間の車検や整備もヤナセでやりました。最後に担当が変わって非常識な不手際で憤慨し、社長にまで手紙を書くまでに至った経緯があります。

京都支店長が謝罪に来て事は収まったのですがヤナセは使いたくない気持ちは変わりません。今回買った八王子の販売業者が近畿での整備業者を案内してくれました。

その整備会社のサイトを見ると、買った同じ車種の整備事例も沢山載っていて技術力に自信がありそうです。場所も大津の家の近くで次の車検には使ってみようと思います。

外車には何台も乗りましたが修理が高くつきます。正規部品が高価なのですがOEM部品が簡単に手に入る時代になってきて、それが入手できる整備業者なら高くつかないのです。

乗り心地が気に入って整備も安くついて安心できれば、免許を返上するまで乗ろうかと思います。

さくらんぼ



長浜の二本の桜に成るさくらんぼは鳥たちの格好の餌になっている。それを採って集めてみた。甘さが弱いのだけど野性的な味がします。

もう少し集めてから種を取り出して煮てジャムを作ってみよ。どでしょうか。

先週にサツマイモの苗を植えてから大津に帰ってきたけど雨が全くない。きっとしなびて瀕死の状態だと思う。今夜に雨の予報だけど一刻も早く水をあげたい。今から私だけ飛んでいきます。

ワクチン接種

瀬田体育館へ三十分前に受付。沢山の世話人が手分けして来る人を整理している。

本人確認と今の体調と今までの疾患を聞いて接種の要望を確認して接種。痛くないです。

接種後15分の時間で異常が出ないことを確認するために椅子に座って様子を見ます。異常が出ないことで終わりです。

寝るまでは何もなかった。朝起きると注射した部位がドンとした痛みがあります。十分に辛抱できる痛み。

三週後に二度目の接種。それが終わったらかみさんの接種が7月。二人とも終わったら泊まりで自転車旅に出ようかな。

湖岸サイクリング



いやあ、いつ走っても気持ちの良いところです。湖北の湖岸は世界遺産にしたいくらいきれい。

ほんとに梅雨なのですかって聞きたいくらいの五月晴れ。暑くも寒くもなく体が走りたいとおねだり言うので二人で出かけた。

こんな過ごし方だとコロナも感染しないだろうし身体にもよい。もっと積極的に出よう。

ヨットの修理

ハーバーからの連絡でエンジンの調子が出なくて黒煙が出たりエンジン回転が不安定だったりで原因もはっきりしないと言われる。

噴射ノズル四本の内、霧状に噴射しない一本を交換したが現象は治まらなくて燃料ポンプの分解清浄になりそうだとの事。だんだん費用の掛かる方向に進んでいます。

担当してくれてるのがハーバーマスターで二十年以上の付き合いで信頼のおける人。昨日メールを入れて頑張ってくれと励ましておいた。

まあ、ほったらかしにし過ぎた罰が来たのですね。完璧に治してもっともっと活用します。

畑が作物で埋まった



サツマイモの苗が品不足で今年は作れないかと思ったけど、やっと三十本が手に入った。早速自宅前に植えました。これで自宅前の畑も野菜ハウスも満杯です。



青虫にボロボロになるまで食われながらもキャベツに芯が出来てきました。



一年に二度成るイチジク。一回目は数が少ないですが合計で六個が生育中。

秋の二度目は数えきれないほど成ります。冷凍庫も満杯になったのだけど今年はどうでしょう。



野菜ハウスの天井の網です。こうしてまとまっているときは扱いは楽ですが広げると長さが54mで巾が6mと馬鹿でかいから扱いが大変です。

ま、焦らずにじっくり構えて時間をかけてやります。

ブドウと野菜ハウス



ブドウハウスの側面を波板と金網とメッシュ網で囲って猿や小動物の侵入を防ぐ防御ができました。



野菜ハウスの側面も金網とメッシュ網で囲いました。



野菜ハウスの天井がまる開きでサルは飛び越えて入ります。昨日も飛び越えて中に入ってタマネギを盗んでいました。

この天井にメッシュ網を張るのが工事の最難関です。倒壊した前のハウスを作った時は中に作物がなかったから軽トラを中に入れてできました。今回は中にタマネギと落花生が植わっているから難儀です。

簡単に片側に寄せて開けられることが必須なのは、網の上に積もる雪で二度目の倒壊が待っているから。

ま、焦らずにじっくり構えて時間をかけてやります。

渡航を試す

ワクチン接種者がEUへの渡航が許可されると聞いてフランスへの旅を試してみた。

航空券だけど関空からミュンヘン経由でニースへのルフトハンザはどの日も空席だらけで自由に選べる。コロナ前は関空からは取れなかったのに、えらい様変わりです。南フランスでの宿も探してみますが、これも空室ばかりで何処にでも泊まれます。

この状態が何時まで続くかはワクチンの接種者が増えるまででしょう。増えてしまえば渡航の制限で行けなかった方々が堰を切ったように雪崩れ込むと思うから。

フランス大使館のサイトを見ると、接種者の緩和のことはまだ書いてなくて今の厳しい入出国のことが書いてあります。その内容だったら行けないし行く気にもなりません。何時に緩和内容が掲載されるかですね。

車の保険



ステーションワゴンの納車が6月4日と決まって長浜に陸送される。その直前に琵琶湖大橋の陸運局で指定番号のプレートを受け取って着けるのだそうな。

任意保険を事前に入っておかないと安心できない。調べると以前に乗っていたEセダンの保険が中断中で継続して使えると保険屋さんが言ってくれた。等級が良くて安くつくのです。

今までは保険屋さんに電話で頼むだけだったけど代理店を廃業するといわれる。74歳になるからだそうで四十年近くお世話になった人。この切り替えから自分で手続きをします。面倒だけど仕方なし。

八十歳まであと五年。そろそろ最後の車になる時期になっています。最後まで大きな事故を起こさないように気をつけて乗ります。

会社のPC

会社に行くときは六時に出ます。通勤時間帯に入ると二時間もかかるけど六時に出ると一時間以内で到着できるから。

月次の締め処理など溜まってる業務をやろうとデスクのWindowsを立ち上げるがシステム更新に勝手に入ってなかなか終わらない。辛抱して待っているが更新に失敗したから元に戻すとメッセージが出て、そのまま立ち上がらなくなった。

代替のパソコンは直ぐには用意できないとスタッフが言います。仕方がないから家に帰ってネット接続でいつものように仕事をすることになりました。往復二時間の通勤時間はとっても無駄です。

会社でこのサイトも上げようと思っていたけど、そんな事情で今、自宅からあげています。

薪ストーブを見に

同じ湖北の高島町に北欧直販という薪ストーブの輸入元があります。今日は其処に寄って大津へ帰ります。

オーブン付きの薪ストーブは各国で10機種ほどが製造されています。そのうち買いたいと思う機種が二種類あってどちらもデンマーク製。



今日見に行くのはそのうちの一台でLotus社の製品。薪ストーブとしても大きい機種でそれにオーブンがついているからでかいです。気密性のある住宅で広くない部屋に入れると暑すぎて窓を開けることになるほどの性能。長浜は家のつくりが古いから隙間風が入るし部屋が広いから暑すぎることはありません。

今年の冬までに煙突工事を自分でやって、できれば新ストーブを入れようと思っています。フランス旅行も入りそうだし忙しくなるけど是非実現したい事です。

フランスでは



フランスの三人にこちらの近況を書いて送ったら、Alexから直ぐに返事が来た。写真はお母さんのMarthaとの写真で二人とも元気です。

返事には別荘を改築しているとある。客人用に大きな部屋を建て増ししているのだそうで、森の木を倒しユンボで斜面を削っている写真が来た。。



一年後に完成したら、ここに家族で泊まってくれとあります。嬉しいご招待。お母さんのMarthaからも別荘の話とワクチン接種が近々あることも書いてあります。

ところがJean Lucからは返事が来ません。Alexにもう一度メールしてJean Lucの消息を聞いています。感染して闘病中かもしれません。

隣地の売却



写真の下部が長浜の家で上が隣の若夫婦の家。昨日若夫婦のご主人から会いたいと電話があって家に来てもらった。

線で囲った土地が若夫婦のお父さんの所有で何かに使う目的がないまま草刈りだけしている土地。これを売却したいと言われた。

不動産屋に相談する前に隣の私に声を掛けてくれたのですが、不動産屋に頼んでも売れる見込みは少ないのがこの辺りの現状なことはご存知です。

私も工場を土地付きで買い取る前だったらここに工場を建てることも十分考えられたけど、私が入手しても使う目的は今は無い。かといって隣地の入手は滅多にない機会だし、、、、。

赤とオレンジを合わせてかどうかを聞いてないのですが150坪の広さで坪一万から二万を想定されているようでした。地目は雑種地だそうで固定資産税がいくらか返事をいただくことになっています。買って庭園にでもするしか考えは及びませんが、どうでしょう。

接種予約完了

昨日の朝九時から始まった75歳以上の大津市の接種予約。

ネットのアクセスが滞るかと思ったがアクセスはスムーズだった。一回目の接種と二回目をセットで予約すると思ったが二回目が先に予約できてやり直した。一回目と二回目の間隔もチェックしていないようでシステムの軟弱さがはっきりと出ていた。

何とか予約は完了した。一回目が6月1日で二回目が22日。三週ちょうど開けた。どちらもファイザー製のワクチン。

時同じくして新聞にEUの接種者入国を緩和することが書いてある。たぶん日本も該当するだろうから8月にフランスへ行ける可能性が高くなった。嬉しいね。

雨の作業



ヤフオクで一万二千円で落札したガスレンジ。昨日の雨は旧器具の撤去と新器具の設置。

撤去は上の天板を外したら横向きに固定のボルトが四本あるので緩めたら器具全部が上に出せますが、元栓を止めてガス配管をモンキーで外してからです。ガス配管を工事するには資格が要りますので私は、、、、、持っていると書いておきます。

外すガス配管はフレキシブル管をレンジに接続しているユニオン部で外します。ユニオンパッキンでガスを止めています。

旧器具を外したら流し台をきれいに掃除してやります。そして旧器具につけてある器具用の元栓をレンジから外して再利用します。器具にねじ込んであるのでモンキーで外します。

元栓ねじ部をワイヤーブラシで綺麗に掃除します。ねじ部にガス用のシール剤ヘルメシール(数百円)を全周塗りつけて新器具にねじ込みます。

新器具を流し台の上からはめ込んで四本のボルトをねじ込んで止めます。フレキシブル管のユニオンを器具の元栓にねじ込んだら工事完了です。このユニオン部はパッキンなのでシール不要です。

家屋の元栓を開けてガス漏れがないかをガス漏れ検知剤(数百円)を塗って泡が出ないことで確認します。ガスの臭いで分かることですが念のため。

工事は一時間もかかりませんでした。器具込みで十万ほど払うのが普通ですが、一万数千円で一件落着。簡単です。

ワクチン



かみさんは長浜が住民登録地でひと月以上前にワクチンの接種券が届いた。大津の私には来ないので心配していたが昨日に来た。

明日から予約の開始だけど最初は混んで予約できないだろうね。ま、落ち着いて予約します。

ワクチンを二回打った後の処遇が分からないけど、欧州へ自由に行けるようになることを心待ちにしています。八月にAlexの誕生パーティーに呼ばれているから是非とも行きたいのです。

欧州への航空便の予約状況を見たけど、今なら好きなときに行けるほど空席だらけだよ。

認知症

75歳以上一時停止違反の場合に認知症かどうかの検査が義務となって、昨日はその検査でした。十二人が一緒に検査を受けたのだけど毎日この人数だと違反者が多いんだね。

四十分ほどの検査は今日の日付と今の時刻を書くことから始まって、紙面に書かれた数字の中で教師が指定する数値に斜線を入れたり。難しかったのはスクリーンに四回に分けて16の図が表示されるのを覚えて、その名前を紙に書く。私は14枚は思い出せたけど二つが書けなかった。

最後は時計の絵を書いて教師の指定する時刻の針を書きます。



結果は百点満点の94点でした。76点以上は認知症の疑いなしで講習なしで運転できます。49点未満は医師の診察後に免許の取り消しなどが判断される。

もっと数値が低いかと思いましたが94点は優秀。隣の方をチラッと見たけど絵の名前が半分も書けてなかったから、きっと講習だと思う。

ま、認知症の具合が思いのほか進行していないと分かったことが嬉しいです。

庭の花



シャクヤクがきれい。白のシャクヤクが咲き始めて赤は散りかけました。

庭にある花で一番の短命がシャクヤク。今日、大津に帰って四日後に長浜に来たら白のシャクヤクも散りかけているでしょう。

続いてアジサイがつぼみを膨らませています。

身体の調子

花粉はとっくに飛んでいないけど鼻がむずむずして鼻水が出るのは治まっていません。アレルギー自己反応ですね。

最近、腰の調子が悪い。動けないほどの痛みじゃないけれど動かすと痛いので動きにくい。腰痛体操をしているけど治りません。徹底が不十分なんだね。

正月明けの過体重は食を減らして危険領域は脱しています。甘いものを食べたいけれど理屈で抑えているのですが目の前でかみさんが美味しそうに食べてると手が先に出てしまう。

あと一キロ減らすと理想の体重なんです。梅雨で運動が減るけど屋内筋トレで頑張りましょう。

変異ウイルスの拡大がコロナを身近にしています、人に会うのを徹底して避ける。これしか予防はない。コロナに感染したら死ぬと思え。健康維持も水の泡なんだから。

皇室の夢

私は古い旅館に勤めていて皇室の方々が旅の途中に立ち寄られることになった。急な話で準備は何もなく行き当たりばったりのお出迎えになる。

トイレだけは綺麗に掃除をし直しなさいと私が指示をしてる。どうも私は大番頭の様子。三人の使用人が泡だらけになって便器の隅々までピカピカにした。

食事を出すことにもなって刺身を出しなさいと料理人に言うが新鮮な刺身が少ないという。ならば細く切って皿に絵を描くように並べなさいと指示してる。

と言っている間に玄関を上がって広間に向かって皇族たちがきた。慌ててご案内をする私。上皇さまはきれいな和服の十二単。きらびやかにそろりそろりと大廊下を歩かれる。

木の祭壇に稲穂を祀った前に並ばれたところで夢が覚めた。眼が開いてもまだ皇后様が瞼に浮かぶ。こんな夢見たの生まれて初めてだよ。

なんか良いことがあるかもしれませんね。

スマホのカバー



楽天ミニはほんとに小さいスマホ。作業中でもポケットに入れて邪魔にならない軽さで小さい。

ところが写真左のカバーを付けると重くなって大きくかさばる。邪魔だから裸で使っていたら落として割れたし傷もついた。

牛乳パックのような硬さの紙を切って両面テープで貼ってみたのが右の実機。これが素晴らしい。かさばらないし傷もつかないし。

大きいほうのスマホもこれにしようと思っています。良いですよ。

コロナ被害

一年経って終息に向かうどころか変異による感染力の増大を向かえ、感染者も死者もどんどん増えている。

期待のワクチンも効果が出るのは何時になるのやら、頼るころにはワクチンが効かない変異になっている可能性もある。

社会の構造や生活が大きく変わったが、これからももっともっと変わっていくだろうな。変わりかたが人の生き方に制限を加える方向だから、それに合わせて上手く生きるのが難しい。

海外へ行けなくなったのが私には重大変化。これが行けるようになるのが見渡せないのが辛い。

行けるようになる前に死なないようにせねばなりません。人に会わないことが一番。

認知症



再配達で来た書留は一旦停止の違反が75歳以上の認知症が原因かどうかを調べる検査の通知でした。

交通センターへ出向き三つの質問に答えて回答が間違っていたら別の講習を受けさせられたり免許取り消しもあるという。

これで認知症が発見できるかどうか怪しいと思うけど検査を受けないと免許取り消しだというから受けます。

オービスなんかじゃなかったから一安心だけど、いずれにしても高齢で運転をするためには面白くないことがどんどん出てくるね。

へ戻る