楽言楽夢へ戻る

二人サイクリング

久しぶりにかみさんとサイクリングします。

湖北のサイクリングは春も秋も最高に気持ちが良い。木々が紅葉を見せているだろうし、湖面の色合いと調和して春にはない景観が待っている。

かみさんに昨日の夜に「久しぶりに走ろうか」っていうと、待っていたかのような二つ返事。もう少し二人自転車を増やしましょう。

凶暴な猿

昨日の夕刻に自転車トレーニングで近隣を走った時、神社脇の県道に猿がでんと座っているので大声で「コラァ~」って怒鳴りながら自転車を真横まで近づけるように走ると、なんと飛び掛かってくるじゃないですか。



写真は一年前ですが猿は住宅地を我がもの顔に歩きます。人間を怖がらなくなっているのを通り越して向かってくるようになっているのです。

猿を交わすように自転車を操り逃げました。20メートル先で石を拾ってUターンし猿に向かいます。石を投げてもおびえもせずこっちを睨んでまたもや襲われそうです。

こっちもひるまず睨みつけて向かっていくと猿が避けたかと思ったら追いかけてくる。さすがに自転車のほうが早いけど、これが散歩中の女性なんかだったら危害を受けてますね。

こういうことが東京で起こるようにならないと役所は動かない。だからどんどん猿が増えて人間が猿をよける檻に入って生活するようになる。おかしいね。

旅の情報整理

帰国してはやひと月以上過ぎた。走った道を楽道楽夢に残す作業が残ったまま。

二十近い道程の内容文章は最後の二道程を残して現地で書いていたから、思い出さなくても良いし気が楽。二道程は思い出しながら書くのが大変。

それよりも走った軌跡をデジタル化して残すのが重い作業。スマホに記録したデータが不完全でそれを書き直したり連結したり。

グーグルマップにも登録するけど、グーグルが規制をコロコロ変えるから難儀なのです。登録できる数が減らされたりデータポイント数に制限がかかったり。

その規制にはめながらあと三日かかるかな。早く終わりたい。

費用減少



大津自宅のネットワークにEO光を使っているが電話も含めて月額六千円弱もかかっている。

これを減らそうとネットワークをDMMのモバイル通信にしてどれくらいの通信量か試行しているが、5Mの容量で充分にいけそう。写真は半月の使用料で2Gも使っていない。

5Mの通信料金が\1,331円で電話をガラ携に変えたとしても合計で三千円もかからない。すると年間で四万くらい減りますね。

この方法で決まりだなあ。

花梨の実



桐生の山の花梨が初めて実をつけた。というか実がついていた木をバッサリと小さくして違う場所に植えなおしてから初めての結実。

ジャムのようなシロップにします。ヨーグルトや牛乳と相性がよくて、色もとっても奇麗な透き通った赤が素敵です。

大津の近所の方の庭に成る実をもらっていたのだけど、その木が切られてここ数年は作れなかった。これから毎年作れます。

実が固いから切るのがたいへんですが。

パンスト

寝るときにラップを足に巻いて保湿をすると湿疹の発生が減りました。ラップをする前に湿疹の部分にはステロイドを塗ってからラップします。

昼間は動き回るのでラップは外れるからできません。紳士用の長い黒靴下を履いていましたが膝から上が覆えない。

女性用のパンストに目をつけた。かみさんのを借りて履いてみたら保湿もさることながら衣服との擦れがなくなるので肌を刺激しない。これは上出来ですね。

パンストを練る時にも履いて寝た。しばらくラップとの違いを見ながら良ければパンストに変えます。

工夫好きのかとけんですが治療にも工夫を凝らす。なんて面白い方なのでしょう。

タマネギの植付



昨日は一日中忙しかった。障子貼りの続きの前に薪ストーブでケーキの台つくり。

孫二人との英語の練習を終わることにしたので卒業式を火曜日にやります。再開はなさそうだからけじめをきちんとつけて、気持ちを明日に向かわせるのが目的。その卒業式と茶会で手作りケーキを二人に上げます。ケーキ台を作っておいて大津であずきの餡を炊いてケーキに挟みます。

ケーキ作りの次が障子貼りの続き。昼前までかかった。

そして前庭の畑にタマネギの苗750本の植付。腰を屈めての植付は腰痛にならぬように時々腰を伸ばして気をつけます。

植えた後に水をたっぷりやって終わったのが三時過ぎ。大津帰着が午後六時でした。たくさんの事を片付けて気持ちはすっきりです。

障子の貼替



長浜の障子は破れて醜くなったところだけ替えてきたが一階続き間の破れがあちこちとひどくなったので全部貼替ている。

雪見障子は一枚を二分割しているから枚数が倍になって、それでなくとも枚数が多いのに時間がかかる。

一日中やったけど終わらないから今日も続きをやります。

何年もつのかなあ。

夜明け前



朝の五時半。気温が一番低い時間帯の長浜です。4℃はもう冬の気温。

室内は温かな春。もうちょっと上げると半パンTシャツで過ごせます。家じゅうがこの温度だからのびのびと動き回れる。

温かさがとても柔らかなのが薪ストーブの良いところ。すごい贅沢です。

かゆい季節

夏も旅行中も手放しにはできなかった肌のトラブル。とうとうかゆみが激しくなりだした。

旅行から帰っても就寝時にひざ下にラップをお巻いて保湿を心掛けていた。これをやると肌に湿疹ができにくい。昨日も同じようにやっているが今朝はステロイドを塗らないと治まらないかゆみ。

時を同じくして抗ヒスタミン剤がなくなった。昨夜は飲まなかったのだけどそれも原因のひとつかなあ。

昨日に長浜入りしたから皮膚科へ行けるのは月曜日。それまでステロイドで抑えるしか手はないなあ。

冬が憂鬱な季節に変わりました。これも自らの身体のことだからしっかり付き合いますが。

英語が

英語が面白く変わってきました。



これはラジオ英会話のテキストですが長文をCDで聞きます。数年前だと最初に聞いたときはチンプンカンプンでしたが、今は七割くらい分かります。五六回聞いてどうしても分からないところを日本語訳を読んで納得し、そのうえで又聞き取ります。すると聞き取れなかった単語が理解できて全体の意味も分かります。

ウォーキングをしながらこれを繰り返しています。聞き取れるように変わってきたことが嬉しくて、英語が数段面白くなってきました。



これは小林真央のブログを海老蔵が英訳した一部分です。これを日に何回も読みます。内容が深いから難しいのですが、それを理解できると悲しみや喜びが胸にギュンときて面白いです。

来春にフランスから友人が遊びに来るから計画を立てつつ英語での説明を英語で考えます。これも英語力を高めることにつながっています。

高校を卒業して五十年以上経ちましたが私の勉強は73歳の今も続きます。生涯勉強、死ぬまで勉強。

干し柿



桐生の山で採れた渋柿です。皮をむいて軒先に吊るして干し柿にします。

皮をむくのも吊るすのも手間がかかるから、それを嫌って最近は自宅で干し柿を作る方が少ない。

手間を省くという生活習慣に慣れてどんどん手間をかけない生活に変わっていく。どんどん稼いでなんでも買う生活に変わっていく。

ほんとにそれが良いことなのか、確かめることも忘れて変わっていきますが、食べ物を作るのに手間を楽しむことを忘れ去っていきます。本当は手間をかけるときに柿を見て干し柿に仕上がる姿を思い浮かべながら作っていくと、出来上がった干し柿の味わいも違ってくるのですが。

春の琵琶湖一周

花見の季節はまだサイクリングには寒いけど、Jean-Lucとのサイクリングで名案が浮かんだ。

長浜の家を出発して湖北を回り、湖西を南下して雄琴のヨットハーバーへ。ヨットで宿泊してあくる日はセーリング。もう一泊して比叡山や日吉などを観光。二泊目は近くの日本料理店でごちそうを食う。

翌朝に自転車で南湖を回って大津の自宅へ。自宅で一二泊して自転車で長浜に戻る。

これで琵琶湖一周を自転車で走り、観光やセーリングもできて盛りだくさんな内容になります。

全宿泊がヨットと自宅だから予約の必要がない。これは桜と天候の具合を見ながら日程を変えられる。最高の日和を選べますね。

そうだ、最後のルートで近江八幡にある鯉料理を食わせる店に寄ろう。

不安

気持ちの底をなんとなく不安が流れている。もやあ~っとした不安で面接試験の前のような強さはない。でもずっと続くから気分が晴れない。

押入れの棚を作ったり旅行中の手入れ不足の雑草を始末したり、タマネギの苗を植えるべく畑を耕したり。たくさんのことをやったからいつもなら充実感があるのだけど、不安に押されて薄い。

何が原因かと探すけど、はっきりとした原因になる出来事は特定できない。いくつかの些細な事が重なっているように思う。

若いころだったらきちんと切り替えをしてぐずぐず引きずらないけど、加齢はこんなところにも良くない変化が出るのだなあって、半ば諦めみたいなところに立っています。


けんぞう、諦めるなよ。しゃきっと切り替えて気持ち良く過ごそうよ。

押入れ



押入れの下段は布団が入っている。上段も布団なら棚はいらんけど物を平置きにすると殆どが空間を置くことになる。

左右方向に真直ぐの棚を作ると棚の前が広いから物を置いてしまう。すると棚の物が出せなくなる。

障子半分を開けた状態で左右に棚を作ると収納効率は抜群で出し入れもスムーズ。真ん中の空間に物を置かないことです。長尺物は最上段が広いのでそこに置く。

全部廃材としていただいた木で作りました。ネジくぎだけが費用。

一番喜ぶのは、かみさんだ。

桜の季節に

Jean-Lucが来ることになりました。航空券の予約に入ったようで何時が桜の適時かをメールしたのでそれに合わせて予約するようです。

いわゆる観光名所を訪ね歩くことは避けようと思います。昨今の日本の有名観光地は人が多すぎて人を見に行くようなものですから。そのことを理解してもらうために少しだけ案内しますが。

日本海の丹後半島や三方五湖から常神半島をサイクリングしたい。近場では湖北の湖岸とかも。

花見も有名どころに人が集まるから比較的空いているところを選びます。重箱広げて昼間から花見宴会。久しぶりやなあ。

PIN

Bluetoothで接続しているキーボードの接続が外れ、再度接続するのに自動で出されるPINコードを売っている途中で画面が消えて見えなくなった。もう一度接続設定に入るとPINを入力せよと出る。そんなもの覚えてないよ。

Windousの不親切というかバカというか、そういう状態を予測もできないのかと呆れていてもつながらないのでネットで検索すると、同じ迷惑を被った人の解決策が出てきた。

違う設定画面から書いてある通りにやるとできたが、そのサイトが探せなかったらこのキーボードは使えなかったのか。あらためてマイクロソフトのバカぶりを思い知らされた次第です。

長浜へ

今日は単身で長浜へ。土曜からの三連休は婆ちゃんとかみさんも長浜入り。

薪ストーブは二台とも準備できたし飯も炊けるし火の料理も楽しめる。冬準備が整いつつあります。

一階の障子を全部貼り換えるべく、かみさんが古い障子紙を剥がしています。婆ちゃんも手伝ってもらって新しい障子紙を貼っていこう。

桜の葉が散りだして庭中が落ち葉でいっぱいになる季節。枯葉を集めて堆肥にします。それも三人でやろう。

フランスからの客を案内したい処を下見する。焼き鳥屋とか座禅の寺とか。コツコツと目を輝かせて長浜を楽しみます。

もうひとつ

火曜日は孫二人と英会話の練習日;旅行中は休校していたが再開するかどうか聞くと「続ける」と返事が来たから昨日の夕刻は二人を待っていた。

来たのは下の孫だけで上の子は来ない。聞くと止めると言っている。

そんなところに居たとは思ってもいなかったからショックだった。気持ちを汲むと楽しくないから止めたいと思ったのであって、そこへ持ち込んだ私に責任があると思った。

すぐに手紙を書いて下の子にも読ませ持ち帰らせた。続けたいと思える英語の練習にできなかったことを謝った。そして英語に責任があるのではないから次に学ぶ機会が来たらお爺ちゃんのことは忘れて英語に親しんでくださいと書いた。

下の子は続けたいと言っている。昨日は旅の映像とフランスからの英語のメッセージを聞いた。これから下の子の英語をどうするか考えるけど、毎日一人でやれるかどうかが問題。週一回だけの英会話は効果がとても薄いと思うから,,,,,,,。

夢にも

久しぶりに仕事の夢を見た。自分の部下に営業の発破をかけている夢。

それぞれの目標を達成するべく、先陣を切って頑張っている夢。歯を食いしばって頑張ると皆がついてくる夢だった。

でも、朝起きて夢を思い出すと気分はよくない。そのままの気持ちで出社すると会社では難儀なことが起きつつある。

お客さんが会って話がしたいと言ってきた。悪い相談のような気がするとスタッフは言う。

九時の約束でどんなことになっていくのか、夢見が良くなかったからそんな悪い方向でないことを願いつつ。

スマホのカバー



見開き型で素材が本皮と天然木。手触りが優しいです。

ともすればカチカチになる電子機器の雰囲気を少しでも柔らかくしたいと選んだカバー。

今までは柔らかな布のケースに入れていたけど袋は柔らかでも出し入れが手間で袋を無くす。傷や汚れも袋で少しはましだけど、買ったこのケースは常時付けているからタッチ画面以外は汚れませんし傷もつかない。

自転車走行時にハンドルにつけて地図を表示するときにどうするか。その時は外しましょう。

今までのスマホでできていたことが、やっと全部できるようになりました。いよいよソニーのタッチ不良スマホは引退。フルセグのテレビが映るのでラグビーとかサッカーのワールドカップが出番かな。

フランスからの客

帰国する時にJean-Lucは一人でも日本を訪問すると言った。Alexが来られないときは女友達と二人かもしれないとも言った。

来年の三月終わりから四月の中頃まで桜の盛りに来る。

今までも手帳にフランスからの客が来たら一緒に楽しみたいことを書き留めていた。それをスマホのメモ帳で整理している。

食べ物は日本独特の味を紹介したい。高級な食事でなく日常に日本人が食べているもの。回転すしとか王将の餃子とか。お好み焼きもカレーライスも焼肉も。抹茶とか和菓子も食べたい。

来たら家でフランス料理を作ってもらいます。できればご近所の親しい方を呼んで一緒に食事会。芸のある人はそれをやってもらうとか。

花見は自転車で花道を走ったり、桜のの河原で重箱を広げたり、海津大崎は船から花見もいいかな。

サイクリングとかも日本の田舎と自然を味わう。丹後半島も三方五湖もいいなあ。

と、夢を毎日膨らませています。

ビジネスの損害

ボルドーを三人で走っているときに、Alexがビジネスでトラブルが発生したと聞かされた。

しょっちゅうメールを気にして読んでいるから深刻な問題だろうなとは思っていた。帰国時に来春は二人とも日本へ遊びに来てくださいと誘ったが、Alexはトラブルの解決問題を抱えたから多分行けないと言った。

その後、母親のMarthaからメールがあってAlexのトラブルは重大な損害を被ることになったと書いてある。

原因や事の成り行きを聞かされたわけではないけど、励ましのメールをAlexに書いた。ビジネスには利益も損害もつきものだし、リカバーに全力を尽くしてくださいと書いたが返事はない。

Alexは元々筆不精だから返事が来ないのは普通なこと。彼の気持ちの中は推察できます。

いずれにしても早く立ち直って欲しいです。

燃焼始めました



長浜の玄関ホールの薪ストーブに火が入りました。

一重煙突は損傷が激しくて、組み立てて立ち上げるのに手間と時間がかかりました。今日から台所の薪ストーブの煙突を立ち上げます。

大津は二重煙突に変えて順調に燃えています。長浜の二台も二重に変えるべく断熱材は買ってあります。屋根をぶち抜いて煙突を立ち上げるのに、瓦屋根だから手間がかかるのです。今年は二台のうちどちらかを二重煙突にして、来年にもう一台を変える計画。

ほんと、やることは次々出来てきますね。

季節外れ



桐生の山の椎茸原木を見て回るとひと月以上早いのに椎茸が発生していた。

原木の数が増えてきたから時季外れでも採れる数が多い。あとひと月もすればもっともっと沢山採れます。今年はナメタケの原木も作ったから、その収穫も楽しみです。

長浜の畑ではサツマイモと落花生の収穫が待っている。こうして自然と対話しながら作物を作るのは気持ちがほのぼのとして、ほんと楽しい。

さあ、タマネギの苗を準備する時期だ。

スマホの移行

上手くいかないことが沢山ある。

ブックマークが移行できない。グーグルからグーグルへの移行なのにエキスポートができないんです。Cromeは使ってなくてグーグルの検索にあるブックマークです。

Simの差し替えをしたけどつながらない。設定に間違いはないのだけどつながらない。

問題を集めておいて会社のスタッフに見てもらいます。難儀やなあ。

身体の変化

帰国して体重計に乗ったら1.5kgも増えていた。体脂肪も筋肉量も悪い方向へ動いている。

現地では食欲に任せて食べていたし、甘いものも節制の気持ちも薄らいでけっこう口にしていた。

運動量もブルゴーニュを走り、ボルドーからの300kmを走り終えるころまでは十分だったけど別荘に入ってからはあまり動いていない。その運動不足も手伝っている。

朝夕の筋トレを確実にやってウォーキングも欠かさないようにし、自転車トレーニングも復活している。だから少しずつ改善してきています。継続して体を戻そう。

三代目スマホ



Android9のシャープAQuos-sense3-liteです。

タッチ不良で使えなくなったソニーのスマホに代わる主力情報処理機。このスマホが何年使えるか、どのような原因で使えなくなるか。

私は新しいもの好きではないから新機種が出たから買い替えるということはない。使えるならば百年でも使いたい。だけど世の中の仕組みがそれを許さなくなっているから買い替えるのだけど、ほんと、長く使いたいです。

今日は南アフリカ戦

昨日のニュージーランド戦を見たけど日本の試合のように熱が入らない。だからあまり面白くない。

今日のフランスが日本の前にあるけど長浜からの移動中だから見れません。

日本と南アフリカ戦は負けが九割だと思っている。それでもどこまで健闘するか。手に汗握る試合になれっ!

猿が家まで来た



長浜の家の辺りには猿は来ないというのが高畑町の安心だった。ところが自宅の大屋根と松の木に五頭もの猿が登っていたと旅行中にかみさんからメールがあった。

帰国したときは畑に被害はなかったが、ついに落花生がやられた。工場で一仕事して帰宅すると猿が畑で落花生を掘って食べている。「こらあ~」って怒鳴って追いかけたが奴らは身軽でヒョイヒョイと逃げて行った。

自宅前は猿対策が必要ないから楽だったのに工場横と同じく網掛けや柵がいるようになった。これが大変なのです。

知恵比べみたいなところがあって、対策を無駄にするように破ってくる。一生懸命育てた野菜を盗まれると嫌になるから周辺の村では野菜作りをやめる家が増えてくる。すると作っている場所へ移動してくるのです。

猿が繁殖しすぎて人間が減ってきてバランスも崩れています。お米農家の畑に入って収穫間際の稲をむしり取って食べている。根本的な対策をとらないとどうにもならなくなります。

乾燥と皮膚

手足の皮膚にカユミが出て肌が荒れていくのが昨年の冬から始まった。春に治まるかと思ったが夏も続いて皮膚科でステロイドの塗り薬と抗ヒスタミン剤を処方してもらっている。

渡仏して肌のカユミが治まるかと思ったがひどくなっていくので薬の塗布が欠かせなくなった。おまけに予想外にひどくなっていくので薬が足らないと分かった。

現地で薬の調達は難しいので薬の塗布を減らすべく、寝ているときに肌を加湿するために食品用のラップを患部に巻いて寝てみた。

これが抜群の効果でカユミもなくなり薬の塗布もしなくて済むように変わった。帰国しても同じように寝る前にラップしている。

症状はよくなっているのだけど、冬は衣服の肌への接触が増えるし乾燥も強くなるのでカユミが出始めている。

乾燥させないことと肌接触を減らす工夫をやってみます。日中も植物性油脂を塗ってみます。オリーブオイルとかを。

できるだけ薬品に頼りたくないというのが気持ちの根にあるのです。

へ戻る